政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

政治 社会

小池百合子知事って評判はどんな感じ?豊洲移転問題など公約は実現しているのか

投稿日:2017年6月23日 更新日:

豊洲移転問題でニュースを騒がせている小池都知事ですが、
実際、評判はどんな感じなんでしょうか。
当初の人気は維持しているのか、調べてみました。

小池知事の最近の評判は?

評判ということで、まずは、政治家としての生命線、
支持率で見てみましょう。


出典:JX通信社

 

JX通信社の調査では、5月末時点で、小池知事を

支持する 52.6%

支持しない 17.0%

となっています。

 

支持するは、1月末の67.0%から下がっているとはいえ、
まだまだ高い水準ですね。

注目すべきは、支持しないで、1月末の10.2%から
6.8%しか増えていません。

 

支持するわけではないけど、明確に支持しないまではいかない。
そんな嫌われてるようではないようです。

豊洲移転問題だったり、オリンピックの会場だったり、
問題へのポジティブな対応を見せれば、
すぐに支持する側に戻ってくる可能性が高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク


支持率減少の原因は?

まだまだ高いとは言っても、支持率が下がった原因はなんなんでしょうか。

いろいろな問題がありましたが、
一番は豊洲移転問題対応だったと見られています。

 

当初は、汚染問題を追及し、リーダーシップを見せていましたが、
結局、移れるのか見通しが不明なまま時間が過ぎていました。

延期が一日伸びる毎に5百万円という巨額の税金が使われ、
移転時期も決まらないことで、市場関係者・マスコミから批判されました。

 

自民党もここぞとばかりに、

「決められない知事」

として、小池知事を攻撃しました。

そういった印象もあり、支持するとしていた人が
少しずつ期待を裏切られ、離れていったとみられています。

スポンサーリンク


今後の見通しは?

そんななか、東京都議選が始まろうとしています。

小池知事の人気は続くのか。

小池知事が率いる「都民ファーストの会」がどれくらい議席をとるのか。

が注目されています。

 

そして、この都議選の直前で小池知事が動きます。

先日、小池知事は豊洲移転問題への対応方針を示しました。

「築地は守る、豊洲を生かす」

と両方に配慮した案を提示しました。

 

詳細を詰めるのは今後でしょうが、
大事なのは、方針を提示して「決めた」ということです。

自民党が加計問題でバタバタしているスキを見計らって、
「決められる知事」だとアピールしたのです。

都議選への戦略としては、うまいタイミングだと評価されています。
評判が回復してくる可能性も高いかもしれません。

スポンサーリンク


筆者の所見

豊洲移転問題で新しい案が提示されました。

正直、実効性があるのか疑問ですが、
都議選へのアピールとしては、さすが小池知事、うまいですね。

 

まだまだ都民ファーストの会の支持率は底固そうで、
自民党も加計問題が騒がれているところなので、
都議選は面白い展開になりそうです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-政治, 社会

執筆者:

関連記事

高速道路_渋滞

渋滞の原因は?高速道路が渋滞する理由まとめ

連休になると、渋滞が何kmした とかのニュースが流れますよね。 高速道路で渋滞する原因が気になったので、 わかりやすくまとめてみました。

運転

煽り運転の通報方法は?罰則や逮捕される?対策・対処法まとめ

煽り運転が大きなニュースになっていますね。 悲惨な事件にも繋がってしまう煽り運転について、 通報方法から罰則や対処法まで、 わかりやすく、まとめてみました。

選挙に台風が直撃するとどうなる?延期はできるのか

選挙の投票日が近づき、選挙活動も 活発になっている時期ですが、 なんと台風が近づいています。 台風がこのままきて投票日に直撃した場合、 どうなるのか、延期はできるのか などを調べてみました。

財務省_事務次官_福田淳一

財務省、事務次官の女性記者へのセクハラ問題まとめ!名前名乗れが問題に・・・<4/19追記:テレ朝緊急会見>

森本問題に追われている財務省に 衝撃的なニュースが降ってきました。 なんと、財務省トップの事務次官が、 女性記者にセクハラ発言をしていたそうです。 事務次官のセクハラ疑惑について、 一連の流れをまとめ …

アントニオ猪木と北朝鮮との関係まとめ!なぜ訪問できるのか理由を調べてみた

アントニオ猪木さんが北朝鮮へ訪問するそうです。 北朝鮮と世界の緊張感が高まっているこの時期に こんなことができるのは、アントニオ猪木さんくらいでしょう。 そんなアントニオ猪木さんと北朝鮮との関係につい …

スポンサードリンク