政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

ドナルド・トランプ

トランプ大統領の支持率推移!なんと戦後最低まで落ちていた<2017年7月最新>

投稿日:2017年7月24日 更新日:

トランプ大統領の支持率が相変わらず
最低水準で推移しています。
今回は、戦後最低支持率を記録したということで、
支持率の推移とその理由などを調べてみました。

概要

トランプ大統領の支持率は、以下の通り推移しています。

5月より前は、こちらをご覧ください。

トランプ大統領の支持率推移!史上最低からさらに低下してるみたいだが?

5月月初:42%

5/19:38%(不支持:56%)

6/11:37%(不支持:58%)

6/21:40.1%(不支持:54%)

7/16:36%(不支持:58%) ※戦後最低※

6月上旬まで順調?に低下していたトランプ大統領への
支持率でしたが、6月中旬には実は下げ止まっていました。

そして、6/20に行われた下院の補欠選挙では、
二つの選挙区で共和党が勝利しています。
こちらはどちらかというと民主党の攻め方が悪かったのですが、
トランプ大統領への支持が回復しているわけではないことが、
今回の支持率調査で改めて判明してしまいました。

7/16の世論調査では、なんと支持率36%!
これは、就任後半年のこの時期としては、
“戦後の歴代大統領で最低の数字”なんです。

またまた不名誉な称号がひとつついてしまいましたね。

スポンサーリンク


支持率が下がり続ける理由とトランプ大統領の反応

不支持の主な理由としては、ロシアゲート疑惑と
オバマケア見直しが芳しくないことでしょう。

世論調査では合わせて、以下のような質問もしています。

・トランプ大統領の長男たちが選挙前に、
クリントン陣営の不利な情報を求めて
ロシアの弁護士に会っていた問題を不適切と思うか

⇒適切:26%、不適切:63%

・ロシアが大統領選に干渉しようとしたか

⇒そう思う 60%

・オバマケアの見直しについて

⇒オバマケアの存続がいい:50%、
トランプ大統領の代替案を支持:24%

他にもいろいろな質問がありますが、
概ねトランプ大統領の政策と行動が支持されていません。

これだけ不支持の材料があれば、
何か挽回策を取らない限り、それは回復しないですよね。

オバマケアの代替案について、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
トランプケアってどんな内容?わかりやすく解説してみた

ロシアゲート疑惑について、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
トランプ大統領を前FBI長官が批判!電撃解任の理由を議会で証言

トランプ大統領の辞任は近いのか!?弾劾の可能性まとめ

 

なお、トランプ大統領は、この結果に対して
ツイッターですぐに反応しました。

「約4割という数字は悪くない」

「しかし選挙期間中、ABCとワシントン・ポストの世論調査ほど
不正確な調査もなかった」

なかなか強気の姿勢を崩しませんね。
ちなみに、選挙当時の世論調査は概ね正確な数字だったようで、
またトランプ大統領が間違った情報を平気で言っている、
とあきれられているようです。

スポンサーリンク


ここまではヤバイ!歴代の最低不支持率ワースト3

さて、支持率が歴代最低を書きましたが、
あくまでも就任後半年時点の話です。

なんとか盛り返してほしいものですが、
もしこのまま下がってしまった場合、
本当の最低支持率はどれくらいなんでしょうか。

歴代のワースト3を調べてみました。

 

【ワースト3位】ジョージ・W・ブッシュ 25%(2008年)

主な低迷理由:
イラク侵攻の長期化。
その後の史上最悪規模のハリケーンへの対応遅れ。

 

【ワースト2位】リチャード・ニクソン 24%(1974年)

主な低迷理由:ウォーターゲート事件。
ニクソン側の人物がウォーターゲートビル内の
敵陣営本部に盗聴器を仕掛けようとしたことが発覚し、
ニクソン大統領も関与を疑われました。

 

【ワースト1位】ハリー・S・トルーマン 22%(1952年)

主な低迷理由:
冷戦構造における朝鮮戦争の長期化。

 

ワーストなので、支持率もここまで下がると本当に末期です。
これを見た後だと、まだ約4割とトランプ大統領の
ツイートもまぁそうかなと思ってしまいますが、
最低水準で推移していることには変わりないので、
ぜひ政策で盛り返していってほしいものです。

スポンサーリンク


筆者の所見

トランプ大統領の支持率の推移を見てきましたが、
なかなか下げ止まらないですね。
ロシアゲート疑惑などもあるなか、
ここまで公約の実現もあまり進んでいないようです。

 

すべてがうまくいくとまでは思いませんが、
一流ビジネスマンとしての特色を出して、
経済政策などはもっと成果を出してほしいなというのが感想です。

期待しつつ、次の動きに注目しましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-ドナルド・トランプ

執筆者:

関連記事

トランプ大統領が仏大統領夫人にセクハラ発言!内容と意図は?

トランプ大統領がまたやらかしましたね。 今回は、初めてのフランス訪問で マクロン大統領夫人に対しての失言です。 世間からセクハラ発言と批判されてますが、 どういった内容で、どんな意図があったのでしょう …

トランプ大統領の資産どれくらい?ランキングも見てみた

大統領に就任して以来、 世界から注目されるトランプ大統領ですが、 不動産王としても有名でしたね。 そんなトランプ大統領の資産ってどれくらいなんでしょうか、 資産ランキングでどこらへんにいるかも確認して …

白人至上主義とは?トランプやあの有名人も実は差別発言をしていた

アメリカのヴァージニア州、白人至上主義者の集会で 痛ましい事件が起こってしまいました。 そもそも白人至上主義とは何なのか、 差別的発言をしている有名人と合わせて紹介します。

テロ支援国家に指定されるとどうなるか?制裁措置や指定国まとめ

北朝鮮がテロ支援国家に再指定されました。 あまり聞きなれないワードですが、 テロ支援国家とはなにか、 指定されるとどうなるのか、 わかりやすくまとめてみました。

トランプ大統領がシリア攻撃をした理由は?アメリカの狙い

アメリカのトランプ大統領がイギリス・フランスとともに シリアの化学兵器関連施設にミサイル攻撃を行いました。 ショッキングなニュースでしたが、このシリア攻撃は 何だったのか、また攻撃した理由などを わか …

スポンサードリンク