政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

北朝鮮

北朝鮮がまたミサイルを発射!今回のミサイルの種類と射程は?

投稿日:2017年6月8日 更新日:

先月の29日に続いて、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。今回のミサイルはどのくらいの射程でどこに落ちたのかのでしょうか。

概要

韓国軍の発表によると、8日の朝、北朝鮮は東部にある元山というところから、
日本海に向けてミサイルを数発発射しました。

短距離の地対艦巡航ミサイルと思われ、
日本の排他的経済水域(EEZ)からもまったく関係ない
日本海の真ん中に落下しました。

2017年の北朝鮮のミサイルはこっちでまとめていますので、合わせてご覧ください。
北朝鮮のミサイルまとめ~2017年版~ 種類や射程範囲を比較

スポンサーリンク


ミサイルの種類と射程は?

今回のミサイルは、短距離の地対艦巡航ミサイルだと言われています。

対艦とある通り、海に浮かぶ艦隊を攻撃するミサイルですね。

北朝鮮はが持っている地対艦巡航ミサイルは「KN-01」というもので、
射程は約120~160kmでした。
しかし、今回のミサイルは、約200km飛んだそうです。
専門家の見立てでは、改良型か新型の可能性もあるそうです。

ちなみに、200kmってどのくらいなんだ?というと、下をご覧ください。

別なミサイルの時の図なので、参考ですが、
発射位置が今回と同じ東部なのでイメージは同じくらいです。
200kmは全然日本から遠いですね。
防空識別圏と排他的経済水域(EEZ)も、日本海側は似たような範囲なので、
今回はEEZからも遠かったということになります。

要するに、今回のミサイルは日本にとっては、全然危険ではないというわけです。

スポンサーリンク


今回のミサイル発射の狙いは?

今までは射程の長いミサイルを試していましたが、
今回の射程の短い短距離ミサイルはどんな意図があったのでしょうか。

韓国軍の見立てでは、先日アメリカの空母が日本海で合同訓練を実施したことに対して、
大型艦隊への攻撃力を誇示したのではないかとのことです。

合同訓練というのは、5月末にアメリカの原子力空母「ロナルド・レーガン」と「カール・ビンソン」が日本海で合同演習を行ったことを指しています。
それまでにあった北朝鮮のミサイル発射などに対し、アメリカが軍事的圧力をかけたのです。

今回は、北朝鮮がその圧力に反応した形だと思われます。
空母で来ても、撃墜できるミサイルをもっているんだぞ、というわけです。

スポンサーリンク


政府の反応は?

日本政府はというと、菅官房長官が午前中にすぐに記者会見を開いています。

・日本の安全保障に影響を与えるものではない
・日本の領海や排他的経済水域(EEZ)に落下するようなミサイルではない

と述べています。
政府は、前日の7日には、ミサイル発射の兆候をつかみ、
首相官邸の近くで、緊急時に備えて待機していたそうです。

しかし、短距離のミサイルだということがわかったところで、
幹部の緊急参集は見送りました。

裏では迅速な対応が行われ、緊張が走っていたわけです。

スポンサーリンク


筆者の所見・感想

今回は短距離のミサイルということで、日本への直接の危機はありませんでした。
しかし、既存のものに比べると射程が伸びているということで、
北朝鮮が着実に技術を蓄えていることが伺えます。油断できないですね。

今後も事態を注視していきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-北朝鮮

執筆者:

関連記事

北朝鮮のICBMはハリボテだった!?パレードのミサイルの秘密・・・

北朝鮮の軍事パレードに登場した ICBM(大陸間弾道ミサイル)について、 ハリボテ説が浮上しているようです。 本当なんでしょうか。調べてみました。

金正恩の髪型はなぜ、あんなヤバくなってしまったのか?衝撃の理由とは・・・

少し前から金正恩の髪型がかな~り”個性的”になりましたよね。 センスがありすぎて筆者には理解できていないんので、 みんなの感想だったり、なぜあーなってしまったのか、 ちょっと調 …

トランプ大統領

北朝鮮の非核化、日本が費用負担する可能性も?いくら負担するか

北朝鮮が非核化へ向かっていますが、 その費用負担を日本がする 可能性がでてきました。 なぜ日本が負担するのか、 いくら負担することになるのか、 などをまとめました。

北朝鮮_核兵器

北朝鮮が非核化宣言したのはなぜ?嘘か本当が過去から見える理由

北朝鮮の金正恩が非核化について宣言し、 韓国やアメリカとの対話に向かっています。 北朝鮮の狙いは何なのか、 非核化宣言は嘘なのか本当なのか、 過去の経緯も含めてまとめました。

北朝鮮がまたICBN(大陸間弾道ミサイル)を発射!アメリカまで届くって本当?

北朝鮮がまたミサイルを発射しましたね。 今度のは、ICBN=大陸間弾道ミサイルです。 飛距離は?アメリカまで届くのか?という疑問や 発射にどういう意味があったのかをまとめました。

スポンサードリンク