政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

社会

地震の予知って可能なの?2017年はどこか危ないのかまとめてみた

投稿日:2017年6月21日 更新日:

大分で大きな地震がありましたね。被害があったのかはまだわかりませんが、地震がある度に思うのが、事前に予知ってできないんだろうか、ではないでしょうか。
今回は、日本の地震予知の現状と2017年はどこが危ないのか、まとめてみました。


引用:日本気象協会 tenki.jp

地震の予知はできるのか

結論からいうと、地震の予知の理論は確率されていません。

まぁ予想はついてましたけどね。
できたら、テレビとかですごい前から注意報でもでますよね。
出てないってことは、正式なものはないってことです。

でも諦めないでください!
地震の予知について研究してる学者さんもいて、
その的中率がすごいらしいんです。

有名な学者さんが二人いて、村井俊治さんと早川正士さんです。
下でお二人の予知のやり方と2017年はどこに発生すると
予知しているか見ていきましょう。

おまけで、予知と気象庁の地震速報は何が違うかも
最後にまとめてみました。

スポンサーリンク



村井教授のMEGA地震予測

村井俊治さんは、東京大学の名誉教授です。
『Mr.サンデー』や『週刊ポスト』などのメディアにもでた有名人なんです。

村井教授の提供しているサービスが、「MEGA地震予測」というメルマガです。

メルマガで、地震予測を定期的に配信しているんですが、
なんと、2015年に起こった震度5以上の地震をすべて的中させた実績があるんです!

100%当たるってやばいですね!!

どういう仕組みかというと、
「地殻変動と地震発生の関係」を利用しています。

村井教授は、両者に相関があることを突き止めました。
つまり、地殻変動に異常があれば、地震が発生するわけです。

そこで、地殻変動の異常を測定しようと、
国土地理院が全国に設置している基準点のデータを使っています。
基準点は、地表が水平・垂直にどれだけ動いたか測定している地点だそうです。

基準点で異常な数値を出しているところを探すことで
地震の発生しそうな場所を予知しているわけです。(ざっくりした説明ですが)

さらに!
2016年3月からは、NTTドコモと提携して、全国16カ所の携帯電話基地局に
装置を付けて、リアルタイムに地殻変動のデータをとれるようになりました。

今までの基準点は一日毎のデータしか取れなかったので、
さらに精度が高まることが期待されています。

さて、そんな村井教授が、2017年はどこか危ないと言っているかですが、

『週刊MEGA地震予測』で、危険度が高いとされているのは、

「南関東周辺のエリア」

だそうです。(2017年4月情報)

関東大地震がくるんですかね・・・

スポンサーリンク



早川教授の地震解析ラボ

早川正士さんは電通大学の名誉教授です。

「地震解析ラボ」というHPやアプリで情報発信をされています。
こちれもかなり精度が高いと評判です。

早川教授の地震予知の仕組みは、VLF電波の異常から
地震の前兆を予測するというものです。

ざっくり説明すると、地下で地震の前兆が起きると
VLF電波という一定の種類の電波に影響するため、
電波の異常を測定することで、事前に地震を予測しているそうです。

電波を観測する受信局は全国各地にあるため、
日本中から地震の前兆を観測し、予測できます。

「地震解析ラボ」アプリによると、2017年はここが危ないそうです。

<M4.0以上の地震予測地域>
・北海道 東南の沿岸
・宮城~茨城の太平洋沿岸
・関東沿岸
・中部地方沿岸(愛知~和歌山~高知あたりまで)
・鹿児島沿岸
・南西諸島

(2017年6月情報)

結構、太平洋沿岸は全体に危ないみたいですね。
そりゃ地震がよく起きる地域だからね、と切り捨てず、
今年はより地震に警戒していきましょう。

スポンサーリンク



地震予知と地震速報って何が違うの?

上で最新の地震予知について、見てきましたね。

地殻変動や電波の異常から、先の地震を予知・予測していました。

では、それと地震の直前にくる地震速報って何が違うんでしょうか。

地震速報の仕組みを見てみましょう。

中学生?くらいに習ったと思いますが、
地震が発生すると、P波とS波という2種類の波が発生します。

P波:早い、弱い揺れ、余震
S波:遅い、強い揺れ、本震

早くて弱い揺れのP波が先にくるので、観測所でP波を測定すると、
そこから地震の規模などを予測して、S波(本震)がくるぞ!と
地震速報を流します。

つまり、地震速報は地震が発生してから流してます。
先の予知は当然できないわけです。

スポンサーリンク



筆者の所見

地震予知の理論は、確率してないとはいえ、
かなり精度の高いものが複数あったことは驚きでした。

しかも、どっちも精度が高いんで、同じような地域を予測しているみたいです。
2017年は、南関東が要注意ですね。

今後、より精度が高まって、正式に運用されてくのを期待してます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-社会

執筆者:

関連記事

台風一過の使い方!暑い理由や晴れないパターンまとめ

台風が過ぎて一安心すると、 台風一過となって、とても暑いですね。 なぜ、台風一過で暑くなるのか。 レアですが晴れないパターンの場合、 なぜ晴れないのかなど、まとめました。

高速道路_渋滞

渋滞の原因は?高速道路が渋滞する理由まとめ

連休になると、渋滞が何kmした とかのニュースが流れますよね。 高速道路で渋滞する原因が気になったので、 わかりやすくまとめてみました。

北朝鮮のミサイルが日本に落ちたら?生き残るための対応方法まとめ

北朝鮮がミサイルを発射しました。 しかも、今度は日本海ではなく、 日本の上空を通過したのです。 今回はミサイルが日本に落ちませんでしたが、 日本に落ちたらどうしたらいいのか、 慌てないようにまとめてみ …

コロッケ

台風にコロッケはなぜ?由来や元ネタは2ch、サザエさんだった

台風の季節になりました。 台風が来るとコロッケを食べよう、 というのをよく見かけますが、 なぜコロッケなんででしょうか。 その由来や元ネタをまとめてみました。

ゼリア新薬を提訴!新入社員を自殺に追い込んだ意識行動改革研修とはどんな内容だったのか

ゼリア新薬を相手に、自殺した新入社員の両親が 約1億円の損害賠償を求める訴訟を起こしました。 当該新入社員へに対する吃音の指摘やいじめの告白など、 衝撃な研修内容が明らかになっています。 ゼリア新薬が …

スポンサードリンク