政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

北朝鮮

北朝鮮がまたICBN(大陸間弾道ミサイル)を発射!アメリカまで届くって本当?

投稿日:2017年7月31日 更新日:

北朝鮮がまたミサイルを発射しましたね。
今度のは、ICBN=大陸間弾道ミサイルです。
飛距離は?アメリカまで届くのか?という疑問や
発射にどういう意味があったのかをまとめました。

概要

北朝鮮が28日にまたミサイルを発射しました。

アメリカの国防総省によると、ミサイルの種類は、
ICBN(大陸間弾道ミサイル)だそうです。
通常のミサイルより飛距離が長いやつです。
ミサイルの詳細について、知りたい方は下記の記事をどうぞ。

ミサイルは、日本時間深夜の11時42分頃に
北朝鮮の内陸部から発射され、約1,000キロ飛んで
北海道の西側の日本のEEZ(排他的経済水域)内に着弾しました。

弾道ミサイルの発射は、今年に入って11回目になります。
今回のミサイルは、過去最高の高度である3000km超に達し、
より高い角度をつける「ロフテッド軌道」で打ち上げたとみられています。

ロフテッド軌道は、高い角度をつけてミサイルを打ち上げます。
飛距離は落ちますが、高いところから落下してくるので、
速度がでて、迎撃が難しくなる厄介な打ち方なんです。

 

今までのミサイル発射について知りたい人は、以下をどうぞ。
北朝鮮のミサイルまとめ~2017年版~ 種類や射程範囲を比較

スポンサーリンク


アメリカまで届くの?

ミサイル発射後、北朝鮮の金正恩は、
「アメリカ本土全域が射程内にあることが実証された」
と言っています。

まぁ、いつも通り、誇張して言ってる
だけなんじゃないかと思いましたが、
アメリカの国防総省も、ミサイルに
アメリカまで届く能力があったと認めているんです!

しかし、前回の今月5日の「火星14」の時は、
アメリカに届く能力があるとしたうえで、

核弾頭をミサイルに積める技術、

積んだ核弾頭を大気圏突入の高熱・振動から守る技術、

があるかは、まだわからないので、
脅威としては不明点が残るとしています。

今回の北朝鮮のミサイルは、

じゃもっと高く打ち上げてやんよ!

ということで、その技術を誇示してきたとも見られています。

 

届くことはわかっていて、あとは核を載せる
技術があるかどうかです。
今回の発射は、それを示す結果になったのでしょうか。

米下院のソーンベリー軍事委員長は、
米国本土への脅威を増大させる北朝鮮のミサイル開発に対し、
さらなる対策を講じる必要がある、の述べていて、
具体的な脅威として、北朝鮮のミサイルが
認識されていることがわかります。

スポンサーリンク


ミサイル発射の意図と意味

今回の北朝鮮のミサイル発射には、
どういう意図があったのでしょうか。

金正恩の発言のポイントとしては、
「アメリカに重大な警告を送る」
「任意の場所から任意の時間に発射できる奇襲能力を示した」
というところでしょう。

今回のミサイルは深夜に発射されました。
また、ミサイルは以前より移動式発射台から発射されており、
文字通り、いつでもどこからでも発射できる、
ということを示したわけです。

 

この”奇襲”能力の何がすごいのかというと、
基地から発射したり、昼間だけだったら、
アメリカも見張れますし、そこを攻撃したら、
北朝鮮の核攻撃能力を無力化できます。

しかし、夜、どこからでも反撃できるとなると
迂闊に攻撃できなくなってしまうんです。

先制攻撃したとしても、仕返しにミサイルを
アメリカ本土に落とされたら相当な被害がでます。
お互い無傷では済まなくなります。

まさに、冷戦時のアメリカとソ連のような
にらみ合いにもっていっているんですね。

スポンサーリンク


アメリカの反応

では、この件に関して、
アメリカの反応はどうでしょうか。

トランプ大統領は、ミサイル発射を受け、
「中国には深く失望した」
とツイッターにつぶやいています。

中国に不満を表すとともに、
核・ミサイル開発に関与したとみられる中国企業に対し、
何らかの措置を講じると言っています。

 

また、米空軍は、30日、
朝鮮半島上空で戦略爆撃機2機を飛行させました。

ミサイル発射に対する直接的な対応だとし、
日本と韓国の戦闘機と共同訓練を実施したと声明を出しています。

緊張感がかなり高まってきています。

スポンサーリンク


筆者の所見

北朝鮮が確実に技術力をつけているようですね。
とはいえ、実際に攻撃するという選択肢はないわけなので、
北朝鮮はどこに着地させる気なんでしょうか。

アメリカも毅然とした対応をしていますが、
外から見る限りは北朝鮮の核開発を全然止めれてません。
どういう戦略なんでしょうかね。

次の動きを注視していきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-北朝鮮

執筆者:

関連記事

シンガポール

米朝首脳会談はシンガポール開催!なぜ選ばれた?会場はどこか

米朝首脳会談の開催場所は シンガポールになったようです。 なぜシンガポールになったのか、 その理由をまとめてみました。 また、シンガポールでの会場は、 どのホテルになるのか予想してみましょう。

米朝首脳会談

米朝首脳会談で拉致問題はどうなった?経緯まとめ

歴史的な米朝首脳会談が開催されました。 日本が注目しているポイントに 拉致問題がありましたが、 結果はどうなったのか、まとめました。

南北首脳会談

南北首脳会談の結果は?板門店宣言をわかりやすくまとめてみた

北朝鮮と韓国の南北首脳会談が開かれました。 朝鮮戦争の終戦に向けた宣言があるなど、 かなり突っ込んだ結果でしたね。 そんな南北首脳会談の結果を わかりやすくまとめてみました。

金正恩のおもしろ発言集!読唇術でヤバい内容まで・・・

謎に包まれている北朝鮮ですが、 金正恩の発言はちらほら漏れ聞こえてきます。 恐怖政治をしいている怖いイメージの 金正恩について、おもしろ発言から ヤバい発言までいろいろ集めてみました。

トランプ大統領

北朝鮮の非核化、日本が費用負担する可能性も?いくら負担するか

北朝鮮が非核化へ向かっていますが、 その費用負担を日本がする 可能性がでてきました。 なぜ日本が負担するのか、 いくら負担することになるのか、 などをまとめました。

スポンサードリンク