政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

ドナルド・トランプ 北朝鮮

北朝鮮がグアムにミサイルを発射すると宣言!日本がルート上に?

投稿日:2017年8月14日 更新日:

北朝鮮がグアム沖に向けて、中距離弾道ミサイルを
打ち込む計画を表明しました。
グアムまでのルートに日本が入っているということで、
日本も大騒ぎです。
不安になったので、北朝鮮からのミサイルのルートや
日本の防御能力をまとめてみました。

北朝鮮がグアムへのミサイル発射を表明

8月9日、北朝鮮は、グアムに向けて
中距離弾道ミサイルを4発同時に発射する
という計画を表明しました。

またミサイルかと一瞬思いますが、



グアム!!??

そう、日本海とかではなく、次の標的は
グアムなんです。
グアムということは、もちろん、
北朝鮮とグアムの間には日本がありますよね。

というわけで、通り道の日本も大騒ぎというわけです。

 

北朝鮮のグアムへのミサイル発射計画表明でも、
日本の地名が名指しされていました。

「島根・広島・高知」です。

北朝鮮からミサイルの発射関連で、
日本の地名が出てくるなんて驚きですね。

ミサイルが上空を飛ぶというだけで
気が気でないのに、
それが核を乗せられるミサイルとなれば、
とんでもない恐怖ですよね・・・。

スポンサーリンク


北朝鮮のミサイルに日本は対応できるのか

北朝鮮のミサイルのターゲットはグアム沖となっていますが、
日本に落ちてきたらとか、日本が狙われたら、
そもそも日本って防御能力あるの?
というのは気になるところでしょう。

 

日本が持っている
ミサイルからの防衛方法は2段階です。

①イージス艦からの迎撃ミサイル
②地上からの迎撃ミサイル「PAC-3」

海から陸から、ミサイルへの準備ばっちりだ、
と思いたいところですが、
問題になったのは、PAC-3でした。

 

大変お高いということで、
全国でも要所にしか配置されておらず、
北朝鮮のグアムへのミサイル発射計画表明の時点では、
中国四国地方には配備されていませんでした。

世間から大丈夫なのかよ、と騒がれたからか、
その後、日本政府は、島根・広島・愛媛・高知へ
PAC-3を配備させました。

北朝鮮のミサイル計画表明を受けて、
配備を変えたわけですが、
あらゆる事態を考慮して、
最初から全国展開してないもんなんですかね。

スポンサーリンク


北朝鮮はなぜグアムを狙うのか

北朝鮮のミサイルの次の標的は
グアム沖だったわけですが、
なんで?と疑問に思った方もいると思います。

北朝鮮の弾道ミサイルと言えば、
日本やアメリカに届くのか、などが話題でしたが、
ここでなぜグアムなんでしょうか。

 

リゾート地のイメージの強いグアムですが、
実はアメリカの空軍基地があります。

「アンダーセン空軍基地」です。

そして、米軍基地があの位置にあるということで、
皆さんお察しかと思いますが、
グアムはアジア向けの最前線基地なのです。
沖縄みたいなイメージですよね。

今まで、北朝鮮へアメリカの爆撃機が
威嚇で飛んで行っていましたが、
それもこのグアムの空軍基地から飛行していたんです。

 

というわけで、北朝鮮がグアム沖へミサイルを
発射するということは、アメリカの
基地の近くにミサイルを落とすと言っているのです。

こう思うと、今までの日本海への試し打ちとは、
全然意味合いが違うのがわかってきますよね。

スポンサーリンク


アメリカの反応

上で、北朝鮮へのグアム沖へのミサイル発射の
意味を説明しました。
グアムのアメリカ軍基地の近くへミサイルを
落とすと宣言しているのです。

もちろん、アメリカは激おこです。

トランプ大統領は、北朝鮮に対し、
グアム沖へのミサイル発射計画について、
グアムに何かあった場合は、
厳しい報告措置を取ると北朝鮮へ警告しました。

8日には、トランプ大統領は、
北朝鮮が軍事的挑発を続けた場合、

「砲火と激烈な怒りに直面する」

と述べたばかりです。

 

北朝鮮とアメリカのやり取りが過激になっていますが、
どう着地するのか不安ですね。

11日、トランプ大統領は、ツイッターに、

「臨戦態勢は整っている。準備万端だ。
 金正恩が別の道を見出すといいのだが」

という旨の投稿した。
緊張が高まっています。

スポンサーリンク


世間の反応

北朝鮮がミサイルで狙ったのはグアム沖ですが、
日本として、どう危機対応するのか
という点で、危機感が足りていないという声も多いようです。

スポンサーリンク


筆者の所見

北朝鮮のグアム沖へのミサイル発射について、
日本に落ちてきたらどうしようなんて、
単純な心配をしている場合ではないです。

アメリカが、この北朝鮮の暴挙にどう反応するか、
日本はどう対応していくか、
今までの北朝鮮の日本海へのミサイル発射実験とは
比べ物にならない緊張が走っています。

今後の動向を注視して行きましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-ドナルド・トランプ, 北朝鮮

執筆者:

関連記事

トランプ大統領

北朝鮮の非核化、日本が費用負担する可能性も?いくら負担するか

北朝鮮が非核化へ向かっていますが、 その費用負担を日本がする 可能性がでてきました。 なぜ日本が負担するのか、 いくら負担することになるのか、 などをまとめました。

トランプ大統領と安倍首相が仲良しなのはなぜ?

トランプ大統領と安倍首相が仲良しだと 話題になっています。 日米のトップの関係が 二人はなぜ仲良しなのか、理由と 二人の仲良しエピソードを集めてみました。

トランプ大統領とメラニア夫人の不仲説は本当?二人の動向をまとめてみた

何かと話題を振りまくトランプ大統領ですが、 なんと夫人との不仲説まで出てきています。 なぜそんな話になったのか、そもそも 最近メラニア夫人とはどうなのかまとめてみました。

北朝鮮がまたICBN(大陸間弾道ミサイル)を発射!アメリカまで届くって本当?

北朝鮮がまたミサイルを発射しましたね。 今度のは、ICBN=大陸間弾道ミサイルです。 飛距離は?アメリカまで届くのか?という疑問や 発射にどういう意味があったのかをまとめました。

トランプ大統領が新しい大統領令を出した!入国停止に動きが・・・

トランプ大統領は、入国停止の措置を修正した。その内容とはなにか、まとめました。

スポンサードリンク