政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

ドナルド・トランプ

トランプ大統領が新しい大統領令を出した!入国停止に動きが・・・

投稿日:2017年3月14日 更新日:

トランプ大統領は、入国停止の措置を修正した。その内容とはなにか、まとめました。

概要

トランプ大統領は、世界で物議をかもしていた入国停止の措置に関して、新しい大統領令今回の大統領令により、修正されることとなった。

修正は緩和の方向で、入国停止対象からイラクを外したり、永住権やビザを持っている人は入国を認めるという内容だった。

スポンサーリンク


 

大統領令とは

そもそも大統領令とは、なにか。アメリカの大統領は行政のトップだが、トップとして連邦政府機関に対して命令を発するものが大統領なのだ。要するに、各機関に命令をしているということだ。

例えば、選挙で選ばれた議員で構成される議会では、法律を制定することで様々な施策を行うが、大統領は大統領令に署名すればすぐに命令が下せるので、早く便利な方法というイメージだ。もちろん、効力は法律と同等にあり、しっかり力を持っている。

スポンサーリンク


 

これまでの経緯

最初に入国停止処置の大統領令が署名されたのは、2017年1月29日のことだ。テロの対策ということで、国民の多数をイスラム教徒が占める7か国(イラク、ソマリア、イエメン、イラン、リビア、シリア、スーダン)に対して、その国民の米国への入国を禁止した。

もちろん、当初から各方面で批判が相次いだ。入国禁止を違憲とする司法長官も出たし、一部の連邦地裁でビザを持つ人の強制送還を一時停止するよう命令されたりした。大統領令が署名された直後に空港についた人は、ビザや永住権を持っていても入国を拒否されたのでもう大混乱だった。

28日には、各地の空港で抗議デモも行われた。翌日29日には、ホワイトハウスやトランプ・タワー前などにもデモ参加者が大挙した。批判は米国内だけではなく、世界中でも広がっていった。

スポンサーリンク


 

各国の対応

ドイツのメルケル首相は、「テロと戦う強い意志は必要ではあるが、特定の出身地や宗教の人々を一様に疑うのは正当ではない」と言っている。

カナダは、今回の大統領令で入国できなかった人に一時的な在留資格を与えた。トルドー首相は、「カナダは迫害やテロ、戦争から逃れてきた人を歓迎する」と述べてる。

逆に、入国禁止の対象にされたイラン・イラクは、報復措置として、アメリカ人を対象とした入国禁止措置をとる可能性があることに言及している。

スポンサーリンク


 

筆者の所見・感想

さすがのトランプ大統領も各方面からの批判の高まりを受けて、当初の方針を修正せざるを得なかったようだ。今回は、署名の映像もない。大胆な発言を繰り返してきたトランプ大統領だが、どこまで政策を実行し、貫きとおせるか、その実行力に今後も注目していきたい。

 


 

スポンサーリンク

 




 


スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-ドナルド・トランプ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

米韓軍事演習【2017年まとめ】規模や背景をまとめて解説

北朝鮮がミサイル発射計画を表明して 緊張感が高まっているなか、 米韓軍事演習が実施されています。 2017年の米韓軍事演習を、規模や背景を含め、 まとめて見てみましょう。

トランプ大統領の韓国での晩餐会メニューが反日満載でやばい

トランプ大統領が日本に続いて、 韓国へ訪問しました。 北朝鮮に対して、日米韓の協力体制を 見せつけたいところでしたが、 こんな時でも反日アピールを忘れない韓国は 晩餐会でいろいろやらかしてきたみたいで …

シンガポール

米朝首脳会談の費用負担は?開催費用を誰が払うのか

シンガポールで米朝首脳会談が行われています。 ホテルの島を厳戒態勢にして、 あれだけの警備をしているので、 相当な費用が掛かっています。 それって、誰が費用負担しているんでしょうか。

トランプ大統領とメラニア夫人の不仲説は本当?二人の動向をまとめてみた

何かと話題を振りまくトランプ大統領ですが、 なんと夫人との不仲説まで出てきています。 なぜそんな話になったのか、そもそも 最近メラニア夫人とはどうなのかまとめてみました。

トランプ大統領の暗殺を計画?ホワイトハウス近くで男が逮捕!現実になる可能性はあるのか

トランプ大統領の暗殺を狙っていた可能性のある男が逮捕されました。改めて、今までに出ていた暗殺の可能性について、まとめてみました。どれほどの確率があるのでしょうか。

スポンサードリンク