政治経済ニュースの解説板

話題のニュースをわかりやすく解説したり、ゆるくコメントしたりするみんなのメディア。

北朝鮮

電磁パルス攻撃って何?北朝鮮が攻撃してくるとやばいのか

投稿日:2017年7月17日 更新日:

電磁パルス攻撃って知ってますか。
北朝鮮がミサイルを飛ばしてますが、
実はミサイルが着弾して爆発するより
さらに甚大な被害を及ぼす攻撃があるんです。
電磁パルス攻撃について、まとめてみました。

電磁パルス攻撃とは

電磁パルス攻撃とは、簡単に言うと、
すごーい上空で核爆弾を爆発させ、
その下にある国の電子機器を機能不能にする攻撃です。

電子機器が使えなくなるだけ?と思うかもしれませんが、
停電が起こってコンピュータが使えなくなるので、
今どきの社会だとすべてがストップしてしまうやばい攻撃なんです。

イメージがつかめたとこで、ちゃんとも説明しましょう。

ミサイルに核爆弾を積み、高高度(40~400km)で爆発させます。
空気が薄いんで、爆風や放射線とかは地上まできません。
直接的な被害もなく、人体への影響はほとんどありません。

しかし、この爆発により電磁パルス(EMP)というものが発生し、
地上に降ってきます。
電磁パルスは、電子機器へ落雷と同じ効果を与えるので、
すべての電子機器が壊れてしまいます。

ちなみに、高度400kmで爆発した場合、
影響範囲は半径2,200knになり、アメリカ全土が入ってしまうほどです。
日本全土なんて余裕ですね。

つまり、電磁パルス攻撃によって、
国全体の電子機器が機能不能になってしまうのです。

まず、発電所や送電設備も被害を受けるので停電になります。
停電にとどまらず、すべてのライフラインが止まるでしょう。

移動中の自動車・電車・飛行機は電気回路がやられて事故ります。
とりあえず、現金をと思っても、ATMも動きません。

もちろん、手元のスマホもテレビも動かいので、
そもそも私たちは何が起こっているのかすらわからないでしょう。

このように、国のインフラがすべて止まってしまうのです。
ライフラインすら止まるので、生きることすら困難になります。

アメリカの元CIA長官は、電磁パルス攻撃を受けた場合、

「米国民の90%が死ぬ」

と警告しました。

復旧には、長いと10年もかかると言われており、
被害の甚大さがわかると思います。

このように、国のインフラを根本から破壊する
かなり恐ろしい兵器が電磁パルス攻撃なんです。

スポンサーリンク


北朝鮮ができるの?

電磁パルス攻撃の恐ろしさはわかりましたが、
北朝鮮はそれを実行できる技術を持っているのでしょうか。

電磁パルス攻撃をするには、

①核爆弾を作る技術
②ミサイルに積み込む小型化技術
③ミサイルを高高度まで飛ばす技術

が必要です。

①については、長年の世界からの圧力にも屈せずに
北朝鮮は核開発を進めてきましたよね。

そして、②の小型化まで開発が進んでいると言われています。

③については、最近ミサイルを飛ばしまくっていまよね。
大陸間弾道ミサイルを発射している通り、
ミサイルを飛ばす技術はすでに持っています。

ということは、北朝鮮はすでに電磁パルス攻撃を
する技術をもっているんです!!

軍事力全般では、装備・機材が古く後れを取っているイメージですが、
こと核兵器だけにしぼると、
すごい勢いで技術開発が進んでいたんです。

アメリカのCIAも、北朝鮮が電磁パルス攻撃が
可能であるという確証を得ているようで、
日本にとっても現実的な脅威と考えていいでしょう。

スポンサーリンク


対策はされてるの?

やられたら一巻の終わりの電磁パルス攻撃ですが、
日本やアメリカはそんな対策をしてるんでしょうか。

ぱっと思いつくのが、ミサイル撃ち落としちゃえばいいじゃん、ですが、
大陸間弾道ミサイルは早すぎるため、
ミサイル防衛システムでは、撃ち落とせないそうです。

まじか。。。新しい迎撃ミサイルは開発中みたいなんですが、
なんとできるのは2021年ころの予定とまだまだ先です。

ってことは、対策ないの?





はい、そうです。
なんと、大陸間弾道ミサイルを打たれたら、
現状対応する術はないんです!

なんか、ゾッとしますよね。防御できないなんて、、、

軍事機密とかで表に出てない技術とかもありそうなんで、
実は防げるとかあり得そうですが、
公表されてる範囲だと対策はなしです。

ミサイルを打たれる前に防ぐしかないんです。

ちなみに、電磁パルス攻撃への対策については、
民主党政権時代に、今の東京都知事の小池百合子議員が
政府に質問をしています。

専門家が言うには政府も危険性をよく理解していない様子だそうで、
日本では対策は進められていないようです。

一方、アメリカは対策を着々と進めているようです。

防衛司令部をロッキー山脈の地下の基地に移したり、
7億ドルを投じて、基地内の電子機器を改良しています。

スポンサーリンク


筆者の所見

ここまで電子化された世界では、電磁パルス攻撃の威力は
想像を絶するでしょう。
今いきなり、すべてのライフラインと電子機器が
使えなくなったらと想像しただけでもやばいですよね。

日本やアメリカが対策を進めていることを祈るばかりです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-北朝鮮

執筆者:

関連記事

北朝鮮と戦争秒読みか!2017年最新状況と可能性まとめ

北朝鮮のミサイルがとうとう 日本列島を超えて発射されました。 いよいよ戦争まで秒読み段階との声もありますが、 2017年の最新状況を整理して、 戦争の可能性をまとめてみました。

テロ支援国家に指定されるとどうなるか?制裁措置や指定国まとめ

北朝鮮がテロ支援国家に再指定されました。 あまり聞きなれないワードですが、 テロ支援国家とはなにか、 指定されるとどうなるのか、 わかりやすくまとめてみました。

金正恩の髪型はなぜ、あんなヤバくなってしまったのか?衝撃の理由とは・・・

少し前から金正恩の髪型がかな~り”個性的”になりましたよね。 センスがありすぎて筆者には理解できていないんので、 みんなの感想だったり、なぜあーなってしまったのか、 ちょっと調 …

北朝鮮がグアムにミサイルを発射すると宣言!日本がルート上に?

北朝鮮がグアム沖に向けて、中距離弾道ミサイルを 打ち込む計画を表明しました。 グアムまでのルートに日本が入っているということで、 日本も大騒ぎです。 不安になったので、北朝鮮からのミサイルのルートや …

北朝鮮がまたミサイルを発射!今回のミサイルの種類と射程は?

先月の29日に続いて、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。今回のミサイルはどのくらいの射程でどこに落ちたのかのでしょうか。

スポンサードリンク